世界最大のエイ「ジャイアントマンタ」公開

2019年01月17日

沖縄美ら海水族館ではこの度、世界で初めて「ジャイアントマンタ(和名:オニイトマキエイ) 」の飼育と展示に成功しました。

※ジャイアントマンタを見つけよう!(2019年1月17日更新)

世界最大のエイ「ジャイアントマンタ」公開

≪オニイトマキエイ≫
学名:Mobula birostris
英名:Giant manta

成長すると体の幅が約6mになる世界最大のエイ。ナンヨウマンタ(4m)と非常に似るが、2009年に別種と確認された。口周辺の色、背の模様、鱗や歯の並び方などに違いがある。外洋性で、沖縄沿岸で発見された例も少なく、生態や繁殖に関する知見もほとんどない。

展示場所

沖縄美ら海水族館「黒潮の海」大水槽

展示開始日

2018年11月15日(木)

展示個体

オス1尾、体盤幅(体の幅)460cm、体重約700㎏
※生物の状況により展示を終了することがあります。

通称“マンタ”には「ジャイアントマンタ(オニイトマキエイ)」と「ナンヨウマンタ」の2種が存在し、沖縄美ら海水族館は開館以来ナンヨウマンタの飼育展示を行ってきました。「ジャイアントマンタ」は水族館での飼育事例が無く、飼育が困難なエイですが、当館の調査研究や飼育実績を基に飼育方法を検討し、今回初めて飼育に成功しました。本個体は展示中のナンヨウマンタよりおよそ1mも大きな個体です。今後の長期飼育により、成長や繁殖生態、行動学的解析など、幅広い分野での研究を行っていく予定です。

解説プログラム変更のお知らせ
11:30からの「黒潮の海」解説プログラムは『ようこそ!ジャイアントマンタ~世界最大級のマンタを見比べよう~』に変更致します。
オニイトマキエイとナンヨウマンタの見分け方や特徴を写真・映像でわかりやすく紹介いたします。
この機会に、ぜひ見比べてみてください。
※解説プログラムは予告なく変更・中止になる場合がございます。
解説プログラム変更のお知らせ

「ジャイアントマンタ」を見つけよう!

現在、「黒潮の海」水槽ではオニイトマキエイ(通称:ジャイアントマンタ)1匹、ナンヨウマンタ4匹の合計5匹のマンタを飼育しています。
マンタの仲間は個体によってお腹の模様が違い、飼育員もその模様を見て個体識別をしています。
5匹のマンタを簡単に見分けることができる看板を「黒潮の海」大水槽前に設置していますので、是非オニイトマキエイを探してみてください。

「ジャイアントマンタ」を見つけよう!

今回の公開にあわせて、水族館ショップ「ブルーマンタ」では、水族館オリジナル・ジャイアントマンタのグッズ販売を開始しています。

オニイトマキエイのグッズ

 

 

「ジャイアントマンタ」の餌を食べる姿をご覧ください!

  

先日「黒潮の海」大水槽に仲間入りしたジャイアントマンタがしっかりと餌を食べるようになりました!大きな口で餌を食べるダイナミックな姿をご覧いただけるのは世界で唯一沖縄美ら海水族館だけですので是非ご覧ください!!
毎日15時と17時の給餌解説ではジンベエザメの迫力満点の食事シーンもご紹介しておりますので、併せてお楽しみ下さい。