1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. カンムリベラ
  • 熱帯魚の海
  • 稀少度:★★★★★

カンムリベラ

水深10~20mの岩礁・サンゴ礁域や砂礫底に生息。成魚と幼魚の模様の変化が著しい。幼魚は美しい色彩から観賞魚として人気がある。成長すると、大きいもので全長1mに達する。画像1枚目は成魚で、緑色の体色をしており、体の中央部にやや幅広の横帯がはいる。幼魚の体色は白色で、頭部付近には黒い斑紋が散在し、体側上部には白く縁取られた黒色の眼状斑や、オレンジ色の斑紋がはいることが特徴。さらに成長が進んだ若魚では、オレンジ色の斑紋が消え、体の後半部は黒色となる。

学名 Coris aygula
英名 Clown coris
沖縄名 - - -
中名 紅喉盔魚

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。