1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. チュラウミカワリギンチャク
  • 深海の小さな生き物
  • 稀少度:★★★★

チュラウミカワリギンチャク

2019年12月に新種記載されたイソギンチャクの仲間。当館所有の無人潜水艇により沖縄県恩納村沖の水深320m付近から発見された。潮通しの良い場所を好むイソギンチャクの仲間で、水深300m付近の岩礁の頂上などで数個体がまとまっているところを多く見かける。300-400本ある触手を使い、流れてくる動物プランクトンなどを捕まえる。比較的大型になる種で、全長20cm以上に成長する。飼育下では、口部から卵を放出する様子も確認されている。

学名 Synactinernus churaumi
英名 Churaumi actinernid sea anemone
沖縄名 - - -
中名 - - -

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。