1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. オキナエビ
  • 深海の小さな生き物
  • 稀少度:★★★★★

オキナエビ※現在展示は行っておりません

沖縄本島周辺では、水深650mより採集の記録がある。体の大部分が軟毛に覆われており、眼は小さく退化している。同じ水深帯に生息するサガミアカザエビと比較すると、眼の大きさの違いがよく分かる(頭部拡大画像参照)。立派なハサミ脚を持つが、飼育下ではこれを使う様子は観察できない。餌を捕える時には、小さなハサミ状をした2番目と3番目の脚を用いるようだ。モザンビーク、マダガスカル、アラビア海、アンダマン海、フィリピン、日本の相模湾以南など、水深170-1000mより採集の記録がある。

学名 Nephropsis stewarti
英名 - - -
沖縄名 - - -
中名 史氏擬海螯蝦

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。