1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. リュウグウサクラヒトデ
  • 深海の小さな生き物
  • 世界初
  • 稀少度:★★★★★

リュウグウサクラヒトデ

2003年に新種として報告され、世界でもまだ数個体しか見つかっていない大型のヒトデです。
水深67-210mの深場に生息しています。
日本では、2008年に久米島沖から初めて発見され、この時の個体を基に当館と日本海区水産研究所、米スミソニアン博物館との共同研究として、日本動物地理学会のBiogeography誌(11巻73-76頁)に論文が掲載され、「リュウグウサクラヒトデ」と命名しました。
飼育下では、オキアミやサバ、イカの切り身などを摂餌します。
画像2枚目は、当館が所有する無人潜水艇で撮影した生息地の様子です。

学名 Astrosarkus idipi
英名 Deep sea cherry blossom starfish
沖縄名 - - -
中名 - - -

飼育員のコメント

沖縄美ら海水族館が世界で初めての生体展示に成功しました。

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。