1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. オニキホウボウ
  • 深海への旅 個水槽
  • 世界初
  • 稀少種
  • 稀少度:★★★★★

オニキホウボウ

キホウボウ科の底生魚類で、目の粗いのこぎり状をした頭部が特徴。底引き網漁などで稀に漁獲されることはあるが、生態に関する情報はほとんど知られていない。当館所有のROV(無人潜水艇)により、沖縄の水深350m付近での生息状況を撮影することに成功した。ROVで数十センチの距離にまで接近しても、ごく短距離を遊泳するか、指状鰭状(しじょうきじょう)を使って目の届く距離に歩行するだけであった。これは、本種の全身が固い外骨格が覆われており、外敵となる生物が少ないためであろうか。

学名 Gargariscus prinocephalus
英名 Jaggedhead gurnard
沖縄名 - - -
中名 - - -

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。