1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. ナギレホネガイ
  • 深海の小さな生き物
  • 稀少度:★★★★

ナギレホネガイ

奄美以南の、潮下帯から水深100mにかけて生息が知られているアッキガイ科の巻貝。画像の個体は、当館所有のROV(小型の無人潜水艇)により、沖縄本島周辺の水深110mより捕獲した。
普段は砂の中に潜っていることが多く、全身を見る機会は非常に少ない。
ROVによる発見時も、体の一部分が砂上に確認されるのみであった。
アッキガイの仲間は一般に肉食性とされ、本種についても、飼育下でイカの切り身を摂餌する様子が観察された。
また、口は伸縮式で普段は体内に収納されており、外部から確認することはできない。
餌の匂いを感知すると、両眼の間の少し下側から伸長してくる。

学名 Murex Spicatus
英名 - - -
沖縄名 - - -
中名 - - -

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。