5月30日(月)~6月5日(日) 「サンゴの卵と幼生観察会」を行います!

2016年05月19日

※このイベントは終了致しました

沖縄美ら海水族館では今年生まれたサンゴの卵と幼生を展示いたします。
年に一度この時期だけの観察会となりますので、ぜひこの機会に多くの方にご覧いただければと思います。

  • サンゴの卵と幼生観察会
  • サンゴの卵と幼生観察会
昨年の観察会の様子

サンゴの卵と幼生観察会

日時

平成28年5月30日(月)~6月5日(日)

場所

沖縄美ら海水族館3F「サンゴの海」水槽前ホール

料金

入館料のみ ※サンゴの放卵はみられません。

  • サンゴの放卵放精
    昨年のサンゴの放卵放精の様子

    サンゴの放卵放精

    沖縄では例年、5月~6月の大潮前後にサンゴ(ミドリイシの仲間)の産卵が見られます。サンゴは、卵と精子の入った「バンドル」と呼ばれるカプセルを放出し、これが海面ではじけて交じり合うことで受精します。

  • サンゴの幼生
    サンゴの幼生(プラヌラ幼生)

    サンゴの幼生

    受精した卵は、2~3日後にプラヌラ幼生に変態、1週間ほどかけて移動し定着します。定着後は、その場所で一生を過ごします。

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748

FAX:0980-48-4444

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×