ココでしか見られない!!深海の太い刀!?「オキナワオオタチ」再登場

2017年01月13日

※この展示は終了しました

沖縄美ら海水族館ではこの度、深海に生息するタチウオの一種「オキナワオオタチ」の展示を始めました。(現在、本種の展示は当館のみです)
昨年4月に続いて2度目の登場です。主に秋から冬にかけて多く漁獲されますが、輸送・飼育が非常に難しく生きて泳ぐ姿を見られるのは当館のみです。
今回は、本種の体表保護のため水槽に透明な保護シートを張って本種のみの水槽で展示しております。詳しい生態はわかっておらず、当館では、今後の飼育を通して生態の解明に取り組んでいきます。

  • ココでしか見られない!!深海の太い刀!? 「オキナワオオタチ」再登場
  • ココでしか見られない!!深海の太い刀!? 「オキナワオオタチ」再登場

≪オキナワオオタチ≫
学名:Trichiurus sp.

深海性のタチウオで、国内では奄美地方から沖縄県に分布。水深150m~300mにかけて生息し、その全長は大型の個体で約2mにもなります。銀色の体にはウロコが無く、長い背鰭をたなびかせて優雅に立ち泳ぎをします。

展示場所

沖縄美ら海水族館「深海への旅 個水槽」

展示個体

全長約1m10cm~1m20cmの個体、5尾

展示期間

1月7日(土)~
※生物の状況により展示を終了することがあります。
※この展示は終了しました。

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館 魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×
沖縄美ら海水族館15周年特別企画