「サメ博士の部屋」サメの仲間3種 追加展示!

2017年07月06日

沖縄美ら海水族館ではこのたび、新しく3種のサメを展示しました。

  • クロトガリザメ
  • ≪クロトガリザメ≫
    学名:Carcharhinus falciformis
    英名:Silky shark

    成長すると全長約3mに達するメジロザメの仲間。背鰭が他のメジロザメより小さく後ろにあることで区別できる。沖縄など世界中の熱帯・亜熱帯域の沖合に分布する。※日本で唯一の展示
  • ドタブカ
  • ≪ドタブカ≫
    学名:Carcharhinus obscurus
    英名:Dusky shark

    最大で約4mに達する大型のメジロザメの仲間。沖縄など世界中の熱帯・亜熱帯域の沖合に分布する。
  • アカシュモクザメ
  • ≪アカシュモクザメ≫
    学名:Sphyrna lewini
    英名:Scalloped hammerhead

    最大で約4mに達する。頭部の形状がシュモク(ハンマー)に似ている事よりその名がついた。熱帯・温帯域に分布する。
展示場所

沖縄美ら海水族館「サメ博士の部屋」

展示開始日

2017年6月27日
※生物の状況により展示を終了することがあります。

「サメ博士の部屋」の水槽では、従来展示しているイタチザメ、ヤジブカ、レモンザメに上記3種を加え、計6種のサメをご覧いただけます。その中でもクロトガリザメは日本で唯一の展示となります。

当館では今後も沖縄に生息する多様なサメの仲間を紹介するとともに、飼育を通して成長や繁殖など様々な研究に取り組んでいきます。

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館 魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!

×