【同じ種類ですけど、何か・・・?】

はいさい!

みなさんは、魚というと同じ種類のものは、みな同じ模様というイメージがありませんか?
実は、同じ種類でありながら、体の色に違いがあるものが多くいるのです。

例えば、水族館入って3つ目の水槽「熱帯魚の海」にいるヒフキアイゴという魚。

黄色の部分にある黒い模様が1匹ずつ違います。面白いことに1匹の模様が左右違うこともあるんです。

どこかの地図のように見えるものや、ハート型のような模様のものもいます。


みなさんも、同じ種類の魚の違うところなど、面白い発見をしてみてくださいね!