【生まれたて!】

みなさん、はいさい!
イカが大好き飼育員Tです。
今日は私が情熱を注いでいるイカの赤ちゃんについてお話しします。

こちらの水槽にはたくさんのイカが見えますね。
4月10日に生まれたばかりのアオリイカの赤ちゃんたちです。
大きさはわずか1cmほどしかなく、とっても小さいです。
小さくても墨も吐きますし、体の色も変えることができるんですよ。
 
生まれたばかりのイカは動くものにしか反応しないので、これまた小さなイサザアミというエビみたいな生きた餌を与えています。
まだ上手に餌を捕まえられず、失敗する様子も見られます。

ちょうど餌を捕まえたイカです。
 
アオリイカの寿命はわずか1年と短いため、その分成長はとっても早いです。
成長するために食欲も旺盛で、1日に何回も餌を与える必要があります。
手はかかりますが、とってもかわいいので苦になりません(笑)
 
これからの成長を楽しみにしながら、せっせとお世話をする飼育員なのでした。