まだまだ注意が必要です!

最近「サンゴ礁への旅 個水槽」コーナーに新しく仲間入りしたクラゲがいます。
ハブクラゲです。
沖縄の夏の風物詩の一つでもありますが、ハブクラゲが持つ毒の強さは、過去に死亡者が出るほど。この美しさから想像もできないですね。
5月から10月にかけて発生するため、まだまだ注意が必要です。ハブクラゲが与える浮遊感の癒しと共に、その危険性について知っていると、沖縄の海をより楽しむことができると思います。
水族館の隣の施設「総合休憩所(美ら海プラザ)」に沖縄県が発行している無料の小冊子があります。この冊子の中にはハブクラゲに刺された時の応急処置のほかにも、沖縄の海に暮らす危険生物とそれぞれに合った応急処置方法が記載されていますので、是非ご活用ください。
また、下記URLからもダウンロードすることもできます。

https://churaumi.okinawa/area/the-coral-reef/coral-reef-world/

※展示生物は状況によって変更になることもあります。予めご了承ください。

ハブクラゲ 気をつけよう!!海のキケン生物
 

ハブクラゲ , 総合休憩所(美ら海プラザ) , 応急処置