サンゴの部屋

サンゴ礁の生き物を詳しく解説

アンボイナやナンヨウハギなど、サンゴ礁に生息する危険な生き物を、模型や実物を対比させながらわかりやすく解説するコーナーです。また、サンゴ礁の成り立ちについて解説したビデオプログラムもあります。

海の危険生物について

海では、思いもよらぬ危険生物に出会うことがあります。できれば出会わないようにしたいのですが、もしもの時の、対処方法を知っていますか? いざという時にはあわてず、適切な対処方法を取るようにしましょう。

ハブクラゲ

県内ほぼ全域に分布し、水深50mほどの浅い場所に生息していますが、カサが半透明な為、とても見つけにくいクラゲです。

5~10月頃に発生し、ハブクラゲが大きくなる7月~9月に被害が多くなります。刺されるととても痛く、ショックを起こすこともあり、今までに沖縄では死亡例があります。触手には刺胞(しほう)と呼ばれる毒針と毒液が入ったカプセルがたくさんあり、何かに触れると毒針が飛び出し、毒を注入します。

注意事項

  • 刺されたらすぐに海から上がる。刺された部分は絶対にこすらない。
  • 酢をたっぷりかける。
  • 触手を手でそっと取り除く。
  • 痛いときは氷か冷水で冷やす。

もしものとき

  • 呼吸や心臓が止まった場合は、すぐに人工呼吸、心臓マッサージを行ってください

刺されないためにはどうしたらいいか

クラゲ避けネットの中で遊ぶ

沖縄のビーチでは、クラゲ避けのネットが設置されていることが多いので、できるだけネットの内側で遊ぶようにしましょう。

クラゲ等の発生注意がないかを確認する

泳ぐ前に、クラゲ等に関する注意が出ていないかを確認しましょう。事前に看板の表示や、監視員に確認をしてから泳ぎましょう。

肌の露出を少なくする

クラゲネットのない場所では、ウェットスーツや長そでのシャツ、スパッツなどを着用し、肌の露出を少なくするようにしましょう。これらを着用すると、もし刺されても危険性が少なくなります。
完全に被害を防げるわけではありませんが、刺されても皮膚にまで毒針が届かないので、被害を最小限にできます。

海の危険生物一覧・クラゲネット設置ビーチ地図

危険生物に触れなければ刺されることはありません。美しい魚が泳いでいたからといって、むやみに触らないようにしましょう。海へ行く際は、何が危険生物であるかを知っておくことが大切です。

ハブクラゲ以外にも海の中には危険な生き物がたくさんいます。どんな生き物が危険なのか、もしものときの対処法を下記のPDFにまとめています(出典:沖縄県衛生環境研究所HP 平成26年度版)。

海の危険生物と対処法、クラゲネット設置のビーチについて

ダウンロード

海の危険生物についてのお問い合わせ

  • 沖縄県保健医療部薬務疾病対策課:098-866-2215
  • 衛生環境研究所(衛生科学班):098-945-0083・098-945-0781
美ら海ちょこっとコラム

対処法を正しく知っておこう!

このエリアでは、刺されてしまった場合の対処法も解説しています。対処方法は刺された生き物によって異なるので、それぞれについて、正しい知識を身につけておくことが大切です。
美ら海ちょこっとコラム

毒のある生き物は美しい?

海の危険生物は一見怖いイメージがありますが、実は優雅で美しい姿をしていたりします。ここではじっくりとどんな姿をしているかを観察してみましょう。
ページのトップへ戻る