展示交換

沖縄美ら海水族館では、水槽内の生き物やレイアウトを変える「展示交換」を定期的に行っています。
展示交換はただ生き物を入れ替えるだけではなく、お客様に沖縄の美しい海の中を感じていただくため、岩の組み方や配置、光の当たり具合、生き物の見え方を考えながら水槽を作ります。
先日、水族館内「サンゴ礁への旅・個水槽」の縦長の水槽に新しく「イトヒキアジ」というユニークな名前の魚が仲間入りしました。背びれや腹びれが長く、糸のように見えることからイトヒキアジという名前がついたと言われています。
水槽内の岩やサンゴの上で泳ぎ回る姿はとても綺麗ですよ。是非このイトヒキアジを見に来てくださいね。

イトヒキアジ

サンゴ礁への旅 , 展示交換 , イトヒキアジ , サンゴ礁への旅・個水槽