1. 美ら海生き物図鑑TOP
  2. キツネフエフキ
  • 黒潮の海
  • 稀少度:★★★★★

キツネフエフキ

鹿児島県以南からインド洋、西・中部太平洋、紅海に分布し、サンゴ礁沿岸から岩礁性海岸の周辺域に生息する。全長1mに達する。体は長楕円形でやや側偏し吻は突出する。体色は青緑色だが、口の中は鮮紅色をしている。底はえ縄、一本釣りなどで漁獲される。フエフキダイの仲間ではもっとも大きくなる種である。煮付け、刺身、鍋物、焼き魚などどんな料理にも使えておいしい。沖縄の方言ではウムナガー(面長)と呼ばれている。

学名 Lethrinus olivaceus
英名 Longface emperor
沖縄名 ウムナガー
中名 尖吻裸頰鯛

エリアガイド

キーワード検索

※生き物の名前は「カタカナ」で入力してください。「水深」「奄美」などのキーワードでも検索できます。