回遊魚たちのダイナミックな世界

正面の巨大アクリルパネルを始め、「アクアルーム」など多方向から観覧できる容量7,500m³の大水槽です。大水槽を正面から眺めることのできる専用のシートもあります。ここでしか見ることのできないジンベエザメとナンヨウマンタたちの群泳をお楽しみください。
※生物の体調により、展示していない場合があります。

黒潮の海とは、日本近海における最大の海流で、海水温が高いため、豊かな生態系を生み出しています。

水槽 容量7,500m3(深さ10m・幅35m・奥行き27m)
展示 約70種
座席 56席

2010年4月時点の水槽情報

美ら海ちょこっとコラム

オニイトマキエイ(ジャイアントマンタ)を見つけよう!

現在、「黒潮の海」水槽ではオニイトマキエイ(通称:ジャイアントマンタ)1匹、ナンヨウマンタ4匹の合計5匹のマンタを飼育しています。
マンタの仲間は個体によってお腹の模様が違い、飼育員もその模様を見て個体識別をしています。
5匹のマンタを簡単に見分けることができる看板を「黒潮の海」大水槽前に設置していますので、是非オニイトマキエイを探してみてください。
美ら海水族館のお得情報!
×