変わった形

熱帯魚の海を観察していると、時折お客さまから「変な形の魚がいるんですが、あれは何ですか」という質問を頂くことがあります。
その魚のひとつが「ヘラヤガラ」です。

 
 
 
 
 
細長い体型が特徴の魚で、竹ベラのように平べったい体をしていることから和名が付けられています。
このヘラヤガラ、人間から見ると良く目立つ魚ですが、意外にも餌捕り上手な「名ハンター」として知られています。

 
 
 
 
餌となる小魚を見つけると、そーっと近づき・・・・・

 
 
 
 
 
意外に大きな口を開けて、餌生物を吸い込むようにして一瞬で食べてしまうのです!

 
 
 
 
 
ちなみにこの写真は、餌を食べているところではなく、まるであくびをしているかのように大きな口を開けた瞬間を捕らえたワンシーンでした。