【いろんな「アジ」楽しめます!】

みなさん、はいさい!
ジンベエザメが暮らす「黒潮の海」水槽では、約70種類の魚を展示しています。その中で、アジの仲間ってどのくらいいると思いますか?実は、わかりやすく名前にアジとつくものだけで10種類以上います。今回はその中から3種類を紹介します。

アジの仲間で最大種 「ロウニンアジ

水槽にいる個体で全長120cm、体重60kgほどあります。胸ビレが草刈の鎌(カマ)に似ていることから、沖縄の方言で「カマジャー」と呼ばれています。
胸ビレを器用に動かして、時には頭をポリポリかいているように見えることもあり、じっくり観察すると面白いですよ♪

次は、ジンベエザメを取り巻く黄金のアジ 「コガネシマアジ

各ヒレや体の一部の黄金色が特徴です。
ジンベエザメの近くを遊泳する姿がしばしば見られます。

馬に似ている?? 「ウマヅラアジ

水槽の上の方を泳いでいることが多く、形が似ているイトヒキアジとよく一緒に泳いでいます。輪郭が眼の上辺りから急傾斜している馬面が特徴です。水槽内では現在、2匹しかいません。かなり難しいですが探してみてください。
 
水槽内にはまだまだ、アジの仲間がたくさんいます。観察する際はジンベエザメやナンヨウマンタだけではなく、よーく見るとそれぞれ個性的なアジの仲間にも注目してみてくださいね!!