【夢の共演】

みなさん、はいさい!
本日お届けするのは、みなさん大好きな深海魚「オキナワクルマダイ」。

と、その後ろで長い腕を伸ばしている「サキワレテヅルモヅル」です。
この2匹がそろって写真を撮れることはなかなかないので「撮れて嬉しかった♪」というだけの紹介です(笑

サキワレテヅルモヅルは、飼育環境が悪かったりストレスがかかると、自切(じせつ)と言うのですが、自分で腕を落としてしまうのです!
ですので、飼育がなかなか難しい生き物なのですが、餌やりの方法などを改善したことで、今回は状態良く飼育することができています♪
サキワレテヅルモヅルは腕の分岐が比較的シンプルなので、ヒトデと同じ棘皮動物というのが伝わりやすいですね。
ですが、同じ水槽にもう1種いる「オショウテヅルモヅル」は腕の分岐が複雑・・・!

訳が分からなさすぎて、生き物だと気付いていない方も多いのではないでしょうか?
当館深海コーナーには、ひっそりとマニアックな深海生物も展示されているので、ぜひじっくりとお楽しみください。