【ジンベエザメの輸送で活躍、オリジナルクレーン模型完成!】

みなさん、はいさい!
みなさんは、どのようにしてあの大きなジンベエザメを水族館まで輸送してきたか、ご存知でしょうか?
今回は、ジンベエザメの輸送作業の一部を模型で再現してみました!
その前に・・・少しだけ輸送までの流れをご紹介しましょう。


水族館近くの海に網で仕切られた海上生簀という施設があります。体の大きな生き物は水族館へやってくる前にこちらで飼育します。
生簀では、餌付けや飼育環境に慣れるよう水族館へデビュー待ちの準備をしているんです。準備が整うと、いよいよ水族館へ。


まず、ジンベエザメを船で生簀から水族館近くの港まで海上輸送します。そして、港から水族館へは大型トレーラーを使い陸上輸送です。トレーラーの荷台に専用のシートを張り、海水を入れて簡単な水槽の様にしています。ここへ移動させるのですが…


移動させる時は海水ごとジンベエザメをシートで包んで吊り上げます。そのため、ジンベエザメの体重と海水を合わせた重量を吊り上げなくてはなりません。そこで活躍するのが大型の重機クレーンです。
 
今回は、その大型の重機クレーンを模型で再現したのです。パーツの変更、色塗りなどをして水族館オリジナル模型を作成しました!

お子様が見ても楽しいものに仕上がっています。この模型は「黒潮の海」大水槽を上からご覧いただける「黒潮探検(水上観覧コース)」にありますよ。


黒潮探検では、オリジナルクレーン模型だけでなく、魚たちが「黒潮の海」大水槽に仲間入りした時の様子をパネルで紹介しています。他にも魚たちの玄関である「搬入口」をご覧いただくことができます。気になることがございましたら、常駐している解説員までお気軽にお声掛け下さい。

黒潮探検(水上観覧コース)
時間:①8:30~11:00(入場締切10:45)②17:30~閉館(入場締切は閉館15分前)
※開館時間の変更に伴う観覧時間の変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
場所:「黒潮の海」大水槽向かって左側の「ジンベエ・マンタコーナー」奥にある専用エレベーターから4階へ
料金:入館料のみ