【小さなマンタ?!】

みなさん、はいさい!
本日ご紹介するのは、2019年9月に世界初展示に成功したヒメイトマキエイです。

「黒潮の海」大水槽で遊泳中のヒメイトマキエイ

ナンヨウマンタ(通称マンタ)と形はそっくりですが、大きさはマンタの半分もありません。現在展示しているヒメイトマキエイは体幅が約1mですが、大きくなっても最大で体幅2mほどです。

 上:ヒメイトマキエイ  下:ナンヨウマンタ

このように比べるとその差は一目瞭然!
また、マンタは背中が黒、お腹が白、またそのお腹にはそれぞれ違った黒い模様が入っていますが、ヒメイトマキエイのお腹は真っ白です。さらに背中は青紫色の光沢があり、胸鰭をはばたかせて泳ぐと晴れている日は特にきれいに反射して見えます。


餌の食べ方も特徴的で、餌を食べる時に急加速をします。


今日もビュンビュン、餌に一直線です!