【初めての生き物】

みなさん、はいさい!
先日おこなった深海採集で「初めての生き物」が採集できましたよ。
この初めての生き物ですが、今年3月に行ったROVによる深海調査で、水深350mにいるところを発見しました。


船の上で見た時には、過去にも何度か捕獲したことのある「サガミアカザエビ」かな?と思ったのですが、何となく府に落ちないところがあり、水族館に戻って調べなおしたところ、当館では過去に一度も搬入されたことのない「ミナミアカザエビ」であることが判明しました。
ただし、ROVでは動きの素早いエビやカニなどを捕まえることは至難の業。
映像を撮影するだけにとどめて、悲しく帰路についたのでした・・・。
 
そして数ヶ月後、やはりあの時見たミナミアカザエビが忘れられない!ということで、同じポイントに餌の入ったカゴを仕掛けてきました。
・・・・・結果、初めてのチャレンジで、見事にミナミアカザエビを捕獲することに成功しました!!

写真は、深海底から引き揚げられた直後のミナミアカザエビです。
急いで写真を撮ったので、ピントも合っていませんね(汗)
採集直後は、深海底と水面付近で10℃以上違う水温差と水圧の影響などを受けピクリとも動かず、体も茹で上がったエビのように赤く変色していましたが、急いで冷たい海水に入れ、無理やり呼吸をさせることで何とか復活してくれました!

採集の翌日には、トレードマークであるハサミ脚の紅白模様も、はっきり目立つようになってきましたよ。


奇跡的に捕獲できた貴重な深海生物で状態もかなり良い!となると、一刻も早く展示をしたい!ということで、速攻で解説パネルを作成し、過去最短の勢いで深海への旅「深海の小さな生き物」水槽にデビューを果たしました。


それにしても、沖縄の深海には、こうしたまだ見ぬ生き物がたくさんいるんでしょうねぇ。
できる限り色々な生き物を皆さんに紹介できるように、ワクワクしながら調査や飼育管理を続けていきたいと思います。