【ヒトデの秘密】

みなさん、はいさい!
本日は、ヒトデの生態について紹介していきますよ!
 
こちらは深海への旅「深海の小さな生き物」コーナーで展示されているヒトデたちです。

しっかりと水槽壁やアクリル面にくっついていますね。
海でもヒトデが岩にくっついている様子がよく見られますが、そういえばなぜくっついていられるのだろう?そう思ったことはありませんか?

その秘密はヒトデの裏側を見れば分かります。

何やら触手のようなものがたくさん生えていますね。
これは管足(かんそく)と呼ばれるもので、先端が吸盤のようになっていて岩や壁にくっつくことができます。

また、ヒトデたちは移動や獲物を捕る時だけでなく、管足から体内をめぐる水管に水を循環させることによって酸素を取り入れているんです。
ヒトデにとって管足はとても重要な器官なんですよ!

身近な生物でもよく観察することで新たな発見があるかもしれませんね。