こどもの頃とは大違い

魚の中には小さい頃(幼魚)と大きくなった時(成魚)で、
体の模様が全く変わってしまう種類がいるのはご存知でしょうか?
 
「サンゴ礁の小さな生き物たち」のコーナーで現在展示している、チョウチョウコショウダイもそんな魚の一つです。



幼魚の頃は茶色地に白い水玉模様で、ひらひらと舞うように泳いでいます。



これは毒をもつ「ヒラムシ」という生き物の模様や動きをマネして、
敵に襲われにくくしていると考えられています。
 
 


成長すると徐々に模様が変化していき体長が30㎝ほどになる頃には、
すっかり白地に黒い水玉模様に変わってしまいます。





現在展示中のチョウチョウコショウダイは10㎝ほどと、ちょうど体の模様が変わり始める時期ですので、
ひらひら泳ぐ可愛らしい姿が見られるのは今だけです。
 
興味のあるかたはお早めにご来館ください。