【ハブクラゲはじめました】

梅雨も明けた沖縄はかなり夏らしくなってきましたよ。
夏を感じる“冷やし中華はじめました”の文字ですが、
クラゲ担当の私はハブクラゲが出現しはじめると夏を感じます。笑


沖縄本島では7月の下旬辺りから大きな個体が多く出現しますが、
本島より南にある石垣島では1ヶ月ほど早く出現するようです。
ということで、今年は石垣島でハブクラゲを採集し、例年より早く展示を開始しました。
現在、サンゴ礁の旅・個水槽のコーナーで展示中です。
 

ハブクラゲは、大きいもので傘の直径は10㎝以上、触手の長さは1.5mにもなります。
毒が強く、刺されると危険なクラゲです。海水浴場や港など浅い海に出現しやすく、
体は透明で触手は細く長いので、気付かないうちに刺されてしまうことがあります。
下の写真にも実は2匹のハブクラゲが写っていますよ。


みなさん見つけられましたか?海へ行くときは、気を付けてくださいね。

※生き物の状態により、予告なく展示を中止・変更する場合があります。予めご了承ください。