【成長にあわせて姿を変える魚 その1】

みなさん、はいさい!
先日、沖縄でも霰が降ったようです・・・寒さが厳しい季節になりました。

さて、初夏に水族館にやってきた、カンムリベラの幼魚も順調に成長し、だんだんと大人の姿へと近づいてきています。
 
水族館に来たころは、白い体にオレンジ色の斑紋が可愛らしかったカンムリベラの幼魚ですが、現在はどうなっているでしょう・・・


顔の模様は変わりありませんが、体の後ろ半分が黒くなり、まるで別の魚のようです。
カンムリベラは、1m近くに成長する巨大なベラの仲間なのですが、このように成長にあわせて姿を変えていくことが知られています。
このまま順調に育っていくと、さらに体の色が変化していき・・・


最終的には、このような緑色の姿になります!!!!

成長にあわせて色や模様が変化していく魚は、他にもたくさんいるんですよ。
次回は「チョウチョウコショウダイ」の成長過程をご紹介したいと思います。