【感動!マングローブ】

みなさん、はいさい!
先日の美ら海だよりで石垣島での採集の様子を紹介しましたが、少し空いた時間にマングローブ群落に足を運んでみました。
マングローブとは海水と淡水が混ざり合う水域に生えている植物のことを言います。ほかの植物にはなかなか見られない変わった形をした根っこが特徴的です。

水族館にもマングローブ水槽があるのですが、自然のマングローブの圧倒的スケールの大きさに感動しました…
マングローブには植物以外にもたくさんの生き物が暮らしています。ふと気づくと足元には大量のシオマネキの仲間がいました!
シオマネキはオスの片方のハサミが大きくなり、このハサミを盛んに振ってメスに求愛をするカニの仲間です。このおもしろい行動を間近で見ることができ、また感動…
動画はコチラ←クリック

自然にはまだまだ自分が見たことのないもの、知らないものがたくさんあるなぁと改めて感じた飼育員2年生でした。


↑生き物観察に夢中です。笑
 
ちなみに、水族館では2F水辺の生き物たちの水槽でシオマネキの仲間を展示しています。サンゴ礁への旅・個水槽ではマングローブを再現した水槽もあるので、ぜひ生き物たちの観察をしてみてくださいね!