【お魚たちのイルミネーション!】

みなさん、はいさい!深海担当の飼育員Hです。
明日はクリスマス♪クリスマスといえば、イルミネーション!
ということで、青い照明を当てるとイルミネーションのように幻想的に光る魚たちを紹介します。
 
まずは、個人的に好きな深海魚「バラハナダイ」。

自然光


青い照明

沖縄の水深200m付近の岩礁域に生息するハタ科の仲間。桃色の体に頭部と背ビレが黄色い綺麗な模様をしているのが特徴です。青い照明を当てたときの黄色い仮面をかぶったような姿がかっこよく見えます!
 
続いて、眼や体の縦縞模様が光る「イトタマガシラ」。

自然光


青い照明
 
沖縄の水深100m付近の岩礁域に生息するキツネウオの仲間。幼魚期は浅瀬で生活しています。
 
蛍光については12/17投稿【新発見!世界初!蛍光パターンが違う深海魚たち】で説明しましたが、この魚たちが蛍光することを何に利用しているのかはまだ分かっていません。しかし、最近の研究で、約180種以上の生物たちが蛍光することが分かっています。飼育しながらそのナゾを解明していきたいです!
 
蛍光魚たちは「海のプラネタリウム」水槽で展示しています。
みなさんも来館の際は、お気に入りの蛍光魚を見つけ、癒されてみてはいかがでしょうか。
それでは、よいクリスマスを!