【日が暮れると・・・】

みなさま、はいさい!
水族館では、太陽光を取り入れた水槽や光の変化を再現するために照明に変化を付けています。
そのため、ご来館された時間帯により、水槽の雰囲気が違って見えるんです。
カラフルな魚たちがくらす「熱帯魚の海」水槽は屋根がないため、時間や天気によっても水槽の雰囲気が変化し、さらに夕方になると夜の海を再現した照明が灯ります。そうすると昼間では、ご覧いただけない魚達の面白い行動が見られるんです。

では、「熱帯魚の海」水槽のサンゴ礁域を再現した海底洞窟にくらす魚たちを見てみましょう。

こちらは、海底洞窟の入口を日中に撮影した写真です。夜行性の魚たちが海底洞窟の中に隠れているため、魚がまばらに映っていますね。


ですが、日が落ちて夜間照明に切り替わると、海底洞窟の入口に灯された照明の下に小さな魚たちの群れが集まってきます。魚たちに照明が当たるとキラキラと光が反射し、綺麗ですよ。


この群れをつくる魚は、ハタンポの仲間たちです。夜行性のため、明るい時間帯は岩陰に隠れて観察しにくいのですが、夜になると見やすい位置に出てくるんです。
日が落ちた時間ならではの魚たちの動きがご覧いただけますので、水族館へ遊びに来た際にはぜひ観察してみてくださいね。
 
※生き物の状態によっては、展示の変更・移動を行う場合があります。予めご了承下さい。