沖縄美ら海水族館の取組み

正面入り口写真
1975年に沖縄国際海洋博覧会が沖縄県本部町で開催され、博覧会終了後の1976年にその会場跡地に海洋博公園(国営沖縄記念公園海洋博覧会地区)が国営公園として設置されました。
海洋博公園は「太陽と花と海」をテーマに沖縄にふさわしい公園として計画され、(旧)水族館はその「海」の部分を担う施設としてスタートし、海洋博公園の人気スポットとして数多くの方に親しまれてきましたが、施設の老朽化のため2002年8月に閉館し、その年の11月から二代目の水族館が「沖縄美ら海水族館」として新たにスタートしました。
沖縄美ら海水族館は、登録博物館に認定されています。
  • 沖縄美ら海水族館の基本方針

    沖縄美ら海水族館の基本方針
    沖縄美ら海水族館は、自然豊かな沖縄の海をそのまま展示するコンセプトのもと、「沖縄の海との出会い」をテーマに南西諸島・黒潮の海に生きる多種多様な水圏の生き物達との出会いの場を創出します。
    また、時代のニーズを的確に捕らえ対応しながら、国民的及び国際的観光・リゾート地形成の重要な拠点として、沖縄の魅力的な自然を象徴する「海」をテーマとした集客性のある施設、特色を生かした質の高い水族館を目指します。
  • 沖縄美ら海水族館の展示コンセプト

    沖縄美ら海水族館の展示コンセプト
    熱帯地域の特徴をもつ沖縄の海は、沖合を流れる水温の高い海流(黒潮)の影響や恵まれた太陽光と沖縄の島々を挟む太平洋側の深海と大陸側の深海が常に澄んだ清らかな海水の影響により、多様な生物種を育み恵まれた環境とされ、沖縄美ら海水族館は、この海を再現・体験するために、(1)サンゴ礁、(2)黒潮の海、(3)深海の3つを大きなテーマとして、それぞれの特徴の生物を中心に、「見る」「聞く」「触れる」を重要なテーマと位置付け、沖縄の海を「楽しみながら学ぶ事のできる」展示を目指します。