めんそーれ沖縄美ら海水族館へ

  • 「黒潮」水槽 「黒潮」水槽

    巨大アクリルパネルで一望する黒潮の魚たちの世界

    全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。

    その感動的な光景が一望できる巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあります。
    サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と興奮をお楽しみください。

  • ジンベエザメ ジンベエザメ

    世界初! ジンベエザメの複数飼育

    これまで困難とされてきたジンベエザメの複数飼育。

    沖縄美ら海水族館では、その世界最大級の水槽で、ジンベエザメの繁殖を目指した複数飼育を実現しました。
    未だ謎が多いジンベエザメの生態。
    沖縄美ら海水族館では、その解明に挑み、世界初の試みに挑戦します。

  • ナンヨウマンタ ナンヨウマンタ

    エイ類最大! マンタの複数飼育。飼育実績は世界一

    沖縄の美しい海を悠々と泳ぐナンヨウマンタ。

    沖縄美ら海水族館は、世界最大のエイの一種、ナンヨウマンタの複数飼育と繁殖に世界で初めて成功しました。
    巨大水槽と新鮮な海水を絶えず供給するシステムで実現した、マンタの美しく壮大な姿をぜひご覧ください。

  • 「サンゴの海」水槽 「サンゴの海」水槽

    サンゴの大規模飼育で沖縄の海を再現

    沖縄美ら海水族館では、海から汲み上げた海水をふんだんに水槽に取り入れています。

    沖縄の美しい海を彩る「サンゴの海」水槽では屋根をなくし、自然光をいっぱいに採り入れた300m³の大水槽でサンゴが展示されています。
    サンゴのほとんどは10年以上もかけて育ててきたものです。
    ここでは、サンゴ礁に暮らす魚たちも賑やかに泳ぎまわり、サンゴの成育を妨げる海藻やイソギンチャクを駆除する役目を果たしてくれています。
    サンゴ礁で成育するサンゴたちの、自然そのままの姿をお楽しみください。

  • 「深海の海」水槽 「深海の海」水槽

    未知の生態~沖縄の深海を再現!

    宇宙のように謎の多い深海。

    沖縄を取り囲む美しい海の底には、神秘的な生き物がたくさん生息しているのをご存知ですか?
    こちらのコーナーでは、水深200~700mで生きる深海の生き物がご覧になれます。
    ハマダイ、ナガタチカマス、発光エビ類など、飼育が非常に困難と言われる珍しい生き物をご覧になれるほか、
    深海の環境やそこで暮らす生き物を、映像やパネルで解説するコーナーもお楽しみいただけます。

1975年に沖縄国際海洋博覧会が沖縄県本部町で開催され、博覧会終了後の1976年にその会場跡地に海洋博公園(国営沖縄記念公園海洋博覧会地区)が国営公園として設置されました。

海洋博公園は「太陽と花と海」をテーマに沖縄にふさわしい公園として計画され、(旧)水族館はその「海」の部分を担う施設としてスタートし、海洋博公園の人気スポットとして数多くの方に親しまれてきましたが、施設の老朽化のため2002年8月に閉館し、その年の11月から二代目の水族館が「沖縄美ら海水族館」として新たにスタートしました。沖縄美ら海水族館は、登録博物館に認定されています。

沖縄美ら海水族館の基本方針
沖縄美ら海水族館は、自然豊かな沖縄の海をそのまま展示するコンセプトのもと、「沖縄の海との出会い」をテーマに南西諸島・黒潮の海に生きる多種多様な水圏の生き物達との出会いの場を創出します。
また、時代のニーズを的確に捕らえ対応しながら、国民的及び国際的観光・リゾート地形成の重要な拠点として、沖縄の魅力的な自然を象徴する「海」をテーマとした集客性のある施設、特色を生かした質の高い水族館を目指します。
展示について

展示について

沖縄周辺の海は、(1)「巨大な暖流・黒潮」(2)「サンゴ礁」(3)「南西諸島の東西にある深海」の3つの要素により、生き物の生息環境を形作っています。そこには、多種多様な、世界有数の生物種が生息する神秘的な海の世界が広がっています。

沖縄美ら海水族館は、その様な沖縄周辺の海の、水面から水深700m付近までを再現し、光、水質、透明度などのさまざまな要素をできるだけ自然の海に近い状態に保っています。そして海岸から沖合、黒潮、さらに深海へと旅する形で疑似体験をしていただき、沖縄の海の素晴らしさや大切さを体験、体感していただける展示をしています。

単に水槽を組み合わせて見せるだけの展示に終わらせず、さまざまな角度から見られる工夫を施しました。さらに解説員による解説プログラムを組み込んで、年に数回の企画展示も開催するなど、何度訪れても新たな発見がある、海への興味がつきない水族館づくりを目指しています。

「美ら海」の意味~沖縄美ら海水族館の名前ができるまで~

「美ら海」の意味
~沖縄美ら海水族館の名前ができるまで~

「沖縄美ら海水族館」の「美ら」は、何と読むかご存知ですか? この言葉は、「ちゅら」と読み、沖縄の言葉で「美しい」「綺麗」という意味になります。

「沖縄美ら海水族館」の名称は、平成14年11月1日の新水族館リニューアルオープンに先立ち、全国各地から寄せられた13,897点の応募の中から選ばれました。
多数の応募で審査にあたった愛称選定委員会を悩ませましたが、「県外の水族館と区別でき、沖縄という地域性が感じられる」「親しみやすく多くの人に覚えてもらえる」などから、最終的には「沖縄美ら海水族館」が選考されました。

これからも「沖縄美ら海水族館」は、沖縄の美しい海に囲まれた水族館として、より多くの人たちに愛されるよう努力を重ねてまいります。

施設概要

建築面積 約10,000m 2
延床面積 約19,000m 2
構造仕上 鉄筋コンクリート、4階建
水槽規模 総水量 約10,000m 3
最大水槽 「黒潮の海」7,500m 3
総展示槽数 77槽
海水取水 沖合300m、水深20mより取水
最大取水量 3,000m 3/時
取水方式 導水管取水方式
取水導水管直径 1.8m
電力供給 商用電気(6,600v)
濾過システム 圧力式密閉縦型濾過槽
取水濾過器 直径3.2m 8基
取水濾過器・濾材 ポリエステル製球状繊維濾材
展示槽濾過器 直径2.8~3m 62基
展示槽濾過器・濾材 硅砂

第一種動物取扱業に関する表示

沖縄県国営沖縄記念公園内施設(海洋博覧会地区内施設)

申請者 (一財)沖縄美ら島財団 理事長
事業所の名称 沖縄県国営沖縄記念公園内施設(海洋博覧会地区内施設)
所在地 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
動物取扱業の種別 展示、販売
登録番号 沖動展第353号、沖動販第353号
登録年月日 平成29年5月16日
登録の有効期間の末日 令和4年5月15日
動物取扱責任者の名前 水族館施設:芦田裕史、高野はるか
海獣施設:徳武浩司
美ら海水族館のお得情報!
×