人魚伝説のモデル

人魚伝説のモデルとなったアメリカマナティーを飼育展示しています。マナティーは草食性の哺乳類で、成獣の大きさは3~4.5m、体重300~1,000kgになります。現在絶滅の危機にあり、国際保護動物に指定されています。当館のマナティーはメキシコ生まれで、メキシコ政府から日本国民に寄贈されました。メスの「ユマ(尤馬、YUMA)」は2001年に当館で生まれました。1階のフロアーでは、水上からマナティーの様子を観察できるほか、地階の水中観察室からは水中での行動を観察できます。このほか「ユマ」の産まれた時の映像を上映しています。

  • マナティー館は無料でご覧になれます。
  • マナティー館見学後に水族館に再入館を希望される方は、水族館入口案内所または出口案内所にて再入館スタンプを押してもらってください。
    スタンプまたは水族館の入館券(半券)提示で入口または出口より再入館が可能です。

アクセス

沖縄美ら海水族館出口から徒歩5分

遊覧車「4. マナティー館」下車

注意事項
  1. 絶対にものを投げ込まないでください。
  2. 落としたものがプールに入ると、動物が誤って飲み込む恐れがありますので、見学時にはご注意ください。