オキちゃん劇場/イルカショー

新型コロナウイルス感染対策強化の上、2021年10月1日から営業を再開いたします。
但し、水族館内及び周辺施設の一部プログラムは引き続き中止しております。
詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症防止対策強化の為、
ショーの時間短縮・観覧席数の制限(客席数488人/立見不可)がございます。
尚、ダイバーショー・イルカ体験学習等については、中止しております。

プログラム

無料
イルカショー(約20分間)

青い海をバックに海洋博公園のアイドル、イルカのオキちゃんとその仲間たちが楽しいショーを繰り広げます!

イルカの優れた運動能力を生かして、オキゴンドウやミナミバンドウイルカたちが楽しいショーを繰り広げます。このショーを通して、イルカの生態やイルカの能力についても解説します。

イルカショー(約10分間)

開始時間

  •  10:30 / 11:30 / 13:00 / 15:00 / 17:00 /
アクセス
沖縄美ら海水族館出口から徒歩約5分
遊覧車「3.オキちゃん劇場」下車

<新型コロナウィルス感染拡大防止に関するお願い>

  • マスクの持参及び着用をお願いいたします(未着用の場合、入場をお断りいたします)。
    ※但し、乳幼児は除きます。
  • 観覧席の制限がございます。(客席数488人)立見不可。
  • せきや発熱などの症状がある場合は、入場をご遠慮ください。
  • 消毒液による手指の消毒をお願いいたします。
  • 他のお客様と一定の間隔をあけてお座りください。
    ※安心してご観覧いただくために、ご協力をお願いいたします。

個体紹介

オキゴンドウ

当館飼育鯨種では最大種で体長6mにもなる黒くて大きな頭部が特徴で、マグロのような大型魚も噛み千切って食べる。
当館での繁殖成功例が国内で唯一の記録となる。

ミナミオーストンガニ

名前:ゴンちゃん

オキちゃん劇場で一番大きな個体。体長430㎝、体重650㎏。飼育年数37年の大ベテラン。
胸にハート形の白い模様があるのが特徴。リーダー的な存在。

ミナミバンドウイルカ

国内での飼育は当館のみ。バンドウイルカと比べ、口先が細長く、腹側に黒い斑点がある。当館が国内で初の繁殖例である

ミナミオーストンガニ

名前:オキちゃん

施設名の由来になっている個体で、現在国内最長飼育記録(46年)を更新中。吻先にある白いハート形の模様が特徴。
体調を崩すことがほとんどなく、同種他個体と比較して、よく食べ、よく動く。これが長寿の秘訣?!

バンドウイルカ

世界中の暖かい海域の沿岸や沖合に生息、日本近海にも広く分布している。吻先は太く短い。
世界中の水族館で最も多く飼育されている種。日本各地の水族館で繁殖に向けた取り組みが行われている種で、当館でも繁殖例がある。

ミナミオーストンガニ

ミナミオーストンガニ

ミナミオーストンガニ

ミナミオーストンガニ

名前:カーヤ

当館飼育同種で最大の個体。体重は300㎏以上あるが、非常に機敏。
同種他個体と比較して、吻から頭部にかけて黒い帯状の線が色濃く見える。しっかり者で、他個体にも優しい。


 

名前:マール

同種他個体と比較して吻先が細長く、スラっとした顔立ち。飼育個体の中で一番のジャンプ力。
本種飼育個体の中で最も若く、ステージに上がって遊ぶことが好きで、人懐っこい。


 

名前:イブ

同種他個体と比較して吻先が短く、四角い形をしている。プール壁面へ尾びれをかけたり
アクリル面の柵を口先で動かしたりと、一人遊びが好き。


 

名前:コニー

当館繁殖個体(1989年生まれ)。同種他個体と比較して、吻先が細長く、体全体が黒っぽい。
遊具で遊ぶのが好きで、トレーナーとキャッチボールをしてよく遊ぶ。

シワハイルカ

世界中の熱帯から温帯の海域に生息し、日本周辺では本州の太平洋側と東シナ海に分布。
沖縄近海で最もみられる種類の一つ。歯に細かなシワがあることから「シワハ」と名付け られた。

 

 

ミナミオーストンガニ

名前:さくら

当館では、雌雄1頭づつ飼育されており、国内での飼育例も非常に少ない。
雄個体の「ミンタ」と比較して小柄で、 目が小さい。ショーメンバーの中では小柄な方だが
気が強く、体の大きなオキゴンドウにも臆さない。

 

 

イルカショー使用BGM(2021年10月7日より)

曲目 <アーティスト>

  • 南風になれ<かりゆし59>
  • 火の玉ジャイヴ<東京スカパラダイスオーケストラ>
  • MORE ACID BEAT(もうあしび)<イクマあきら>
  • Never Enough<The Greatest Showman>
  • Life is Beautiful<平井大>
  • 想うた<キヨサク>

 

ページのトップへ戻る