当館初展示!!深海のエイリアン「オオタルマワシ」の赤ちゃん誕生

2018年07月04日

沖縄美ら海水族館『深海の小さな生き物』コーナーで、このたび、オオタルマワシの赤ちゃんが誕生しました。

オオタルマワシ
≪オオタルマワシ≫
学名:Phronima sedentaria

深海性甲殻類の一種で、全長約30㎜。海中を漂う浮遊生活を送り、サルパ(ホヤの仲間)などを餌にしています。タルマワシ類は、サルパの内側を食べるとその中にもぐり込み、卵を産みつけて保護するなど、子育ての場として利用することが知られています。

 

展示場所

沖縄美ら海水族館「深海の小さな生き物」コーナー

展示個体

成体:3個体(約30㎜)
幼体:15個体(約5㎜)

サルパの内側で成長を続けていたタルマワシの赤ちゃんですが、6月下旬にようやくサルパの外へと泳ぎだしました。現在は数回の脱皮を経て、全長5㎜ほどの大人と変わらない姿をしています。

本種の長期飼育に日本で初めて成功した沖縄美ら海水族館ですが、繁殖個体の展示は今回が初めてとなります。
オオタルマワシの赤ちゃんの今後にぜひ注目ください。
※生物の状況により展示を終了することがあります。

お問い合わせ

魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×