稀少!! 美しく大きな深海の巻貝 「リュウグウオキナエビス」展示

2018年08月21日

沖縄美ら海水族館の深海コーナーにおいて、当館所有のROV(無人潜水艇)を用いて採集に成功した稀少な深海性巻貝「リュウグウオキナエビス」の展示を開始しました。

(左:リュウグウオキナエビス 右:一般的な大きさのオキナエビス類)
左:リュウグウオキナエビス
右:一般的な大きさのオキナエビス類

≪リュウグウオキナエビス≫
学名:Entemnotrochus rumphii
英名:Rumphius’s slit shell

水深100-400mに生息する深海性巻貝の一種で、鳥島沖からインドネシアにかけて分布する。殻の半周近くに達する長い切れ込み(スリット)を持つことが特徴の原始的な貝の仲間。オキナエビス類の中では最も大きく成長する。美しい姿と大きさから、過去に1万ドルという金額で取り引きされたこともある。

展示場所

沖縄美ら海水族館「深海の小さな生き物」

展示個体

1個体(殻幅21cm)

展示期間

9月末まで(予定)
※生物の状況により期間前に展示を終了することがあります。

  • 展示個体は、当館所有のROVを使用した深海生物調査中に、国頭郡本部町の沖合水深150m付近から採集しました。本種の沖縄近海での生息数は少なく、当館のROVによる発見及び採集は今回が初めてとなります。
    これほど大きな姿はめったに見られません。この機会にぜひご覧ください。
    当館では引き続き、沖縄周辺海域での調査や飼育を通して、稀少な深海生物の生態解明に繋げていきます。
  • 稀少!! 美しく大きな深海の巻貝 「リュウグウオキナエビス」展示

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館 魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×