お知らせ

2018年12月27日 展示情報

ナヌカザメの赤ちゃんが産まれました

沖縄美ら海水族館ではこの度、ナヌカザメの赤ちゃんが誕生しました。

ナヌカザメ

≪ナヌカザメ≫
学名:Cephaloscyllium umbratile

全長1.2mに達する深海性のサメ。体はずんぐりと太く、大きな口が特徴です。子供は茶褐色の縞模様ですが、成長するとブチ状の斑紋がはいります。卵生種で、一度に2個の卵を産み、卵は9~13ヶ月で孵化します。

 

展示場所

沖縄美ら海水族館「深海の小さな生き物のコーナー」

展示期間

2019年2月末まで(予定)
※生物の状況により展示を終了することがあります。

展示固体

メス1個体、全長約20㎝

 

卵は、昨年11月に産み落とされたもので、水温14度で飼育管理を続け、今年の12月にようやく孵化しました(孵化までの期間は13ヶ月)。
初めての餌(オキアミ)も無事に食べ、元気に成長中です。
産まれたてホヤホヤのナヌカザメの赤ちゃんに、ぜひ会いにきてくださいね。

 

このページに関するお問い合わせ先

魚類チーム

TEL:0980-48-2742FAX:0980-48-4399

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る