世界一!!沖縄美ら海水族館のジンベエザメ ‘ジンタ’  長期飼育記録を更新!

2019年03月19日

世界一!!沖縄美ら海水族館のジンベエザメ‘ジンタ’長期飼育記録を更新!

沖縄美ら海水族館にて飼育展示しているジンベエザメ ‘ジンタ’ (オス)が今年の3月で飼育25年目を迎えました(飼育期間:24年間)。
‘ジンタ’ は世界中の水族館で最も長く飼育されており、現在も更新中です。
1995年3月に水族館へやってきた当時は全長4.6mの子供でしたが、現在では8.7mの立派な大人になりました。この長期飼育を通して得られた、成長や成熟、行動および繁殖等のデータは、野生のジンベエザメの保全に寄与することが期待されます。
当館では今後も引き続き本種の飼育を通じて、様々な生態の解明に取り組んでいきます。

  • 世界一!!沖縄美ら海水族館のジンベエザメ‘ジンタ’長期飼育記録を更新!
  • ≪ジンベエザメ≫
    学名:Rhincodon typus
    英名:Whale shark

    世界最大の魚類。当水族館では2匹のジンベエザメ(雄と雌、各1尾)を飼育しており、まだ世界中に報告の前例がないジンベエザメの繁殖を目指している。
    雄のジンベエザメは全長が約8.7m、体重約5.5tに達する巨大の個体であるが、野生では公式的な記録で12mのジンベエザメも見つかっているため、まだ成長中だと思われる。
    日本内でも様々な水族館でジンベエザメを飼育しているが、まだ謎だらけの動物であり、当水族館は今後も飼育動物の飼育技術を推進し、生態の解明に貢献したいと考えている。

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748

FAX:0980-48-4444

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×