お知らせ

2019年12月06日 展示情報

ホホジロザメ成魚の標本 展示開始!

沖縄美ら海水族館・美ら海プラザ(総合休憩所)では12/6から「ホホジロザメ」成魚の標本展示を開始しました‼

展示を開始したホホジロザメは、オスの成魚(全長3.2m)を全身液浸標本にしたもので、きわめて学術的に価値の高い展示となっています。
本個体は、2014年8月に本部町の近海で漁獲され、沖縄美ら島財団総合研究センターにて標本作成を行い、2016年の夏に国立科学博物館で開催され、期間中来場者数33万人を超えた特別展「海のハンター展」の中心的展示物として初出展され、注目を集めた標本です。
本種の成魚の液浸標本は国内でも展示例がなく、ここでしか見ることが出来ない貴重な標本です。実物の迫力を是非ご体感ください。

展示開始日

2019年12月6日(金)~

展示場所

美ら海プラザ(総合休憩所)

特別解説も実施♪

※このイベントは終了しました

展示開始に合わせて、12/7(土)~1/5(日)までの土・日には、サメ専門家による特別解説も実施します。
冬休み期間(12/23~)の平日・祝日は、毎日、解説員による解説も実施します♪

【サメ専門家による解説】

日時:12/7~1/5の土・日(12/7、8、14、15、21、22、28、29、1/4、5)
13:30~/15:30~(各回30分程度、予約不要、無料)

【解説員による解説】

日時:12/23~1/3の平日・祝日(12/23~27、12/30~1/3)
12:00~(各回10分程度、予約不要、無料)

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る