お知らせ

2020年02月03日 展示情報

琉球列島固有の新種「チュラシマハナダイ」の世界初展示!

沖縄美ら海水族館では琉球列島固有の新種「チュラシマハナダイ」の世界初展示を開始しましたのでお知らせいたします。

チュラシマハナダイ

≪チュラシマハナダイ≫
学名:Plectranthias ryukyuensis
英名:Churashima perchlet

2020年に新種として発表されたばかりの深海にすむハタの仲間。全長10㎝に満たない小さな魚だが、体側には美しい黄色斑をもつ。沖縄本島と奄美大島の近海でのみ発見されており、琉球列島固有種と考えられている。これまでに発見されたチュラシマハナダイは全部で7個体。そのうち2個体が当館で展示されている。

展示場所

「深海の小さな生き物」コーナー

展示個体

2個体(全長6cm・9㎝)
※生物の状況により展示を終了することがあります。

今回展示を開始した個体は、2011年および2019年に沖縄本島北部の水深約200m~250mの海底から採集しました。
当館でこれまでに展示してきた「ニシキハナダイ」や「フジナハナダイ」と形態が非常に類似していますが、当館で所蔵する標本に基づき、鹿児島大学等の協力により2020年に「チュラシマハナダイ」として新種記載されました。
本種を含むイズハナダイ属の仲間は近年、新種が続々と発見されています。

当館では引き続き飼育下での観察や深海の野外調査を通して、深海性魚類の生体解明や沖縄の生物多様性研究に貢献していきたいと考えております。

このページに関するお問い合わせ先

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748FAX:0980-48-4444

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る