お知らせ

2020年12月04日 展示情報

「海草藻場に暮らす生き物」展示開始(「(旧)マングローブの生き物 水槽」)

12月4日より「サンゴ礁への旅個水槽」コーナーの「マングローブの生き物」の水槽内容を変更し、「海草藻場に暮らす生き物」として展示を開始いたしました。

※「サンゴ礁への旅個水槽」はサンゴ礁に生息する様々な生き物を大小30点の個水槽で紹介しているコーナーです。

幅4.5m、水量36tの横長の水槽に沖縄沿岸部の砂地に広がる、海草が生い茂る藻場の環境を再現しています。
海草藻場とは、コンブやワカメなどの海藻とは異なり、花をつけ種子をつくる海産の植物を中心に構成された場所をさします。
リュウキュウスガモに代表される海草が生い茂る環境は、魚などの産卵場や仔稚魚の生育場所として重要な役割を果たします。

「海のゆりかご」として知られ、豊かな環境である海草藻場の生き物たちをご覧ください。

  • リュウキュウスガモ
    リュウキュウスガモ
  • オジサン
    オジサン
  • シマハギ
    シマハギ
  • コブシメ
    コブシメ

展示開始日

令和2年12月4日(金)より常設

場所

サンゴ礁への旅個水槽コーナー内イセエビ水槽となり

このページに関するお問い合わせ先

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748FAX:0980-48-4444

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る