お知らせ

2022年04月28日 展示情報

世界初! クロイワトカゲモドキの繁殖に成功!

 沖縄美ら海水族館では、天然記念物である「クロイワトカゲモドキ」の繁殖に世界で初めて成功し、繁殖個体の展示を4月29日(金)より開始しますのでお知らせいたします。

天然記念物!クロイワトカゲモドキ繁殖に成功!

クロイワトカゲモドキ
    孵化直後のクロイワトカゲモドキ幼体

≪クロイワトカゲモドキ≫
学名:Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae

 日本では沖縄県本島とその周辺にのみ生息する原始的な地表性ヤモリの仲間。沖縄周辺諸島に5亜種、鹿児島県に近縁種が生息している。民家の石垣や生垣も隠れ家として利用しており、以前は非常に身近な生きものだったが、環境開発や違法採集、外来種の脅威等によって生息数が減少している。現在、沖縄県の天然記念物・国内希少野生動植物種など様々な法律で保護されている。


 当館では、クロイワトカゲモドキの飼育・繁殖の為の研究として特別な許可を得て捕獲した個体を親として飼育下での交尾・産卵・孵化に世界で初めて成功しました。
本亜種は夜行性で警戒心が強く、観察が困難なことから、繁殖に関する知見は、ほとんど得られていませんでした。
本亜種の繁殖についての研究は、2019年度から開始され3年目での成果となります。
 


 

                     孵化の瞬間

                     2022年4月現在


【孵 化 日】 2021年10月26日(火) 15:00ごろ
【数】     2 匹 (展示は1匹)
【大 き さ】  (孵化時)全長約7.5 cm、体重約1g
       (2022年4月現在)全長約12.2 cm、体重約6g
【展示場所】 沖縄美ら海水族館1F「琉球弧の水辺」
【展示期間】 2022年4月29日(金)~
      ※生物の状態により展示を中断・終了することがあります。

 

~今回の繁殖で得られた学術的データは科学雑誌へ報告を予定しております

また、当館はクロイワトカゲモドキを含む希少種保全の実績が認められ、2022年4月11日付で沖縄県では初となる「認定希少種保全動植物園等」制度における環境省「希少種保全動植物園等」に認定されました。

沖縄美ら海水族館では、引き続き本亜種の飼育や研究を通して生態の解明に寄与し、沖縄県内に生息する希少種の保全や普及啓発活動を続けていきたいと考えております。

関連記事

  • 美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
  • 公式オンラインショップ
ページのトップへ戻る