お知らせ

2022年06月30日 展示情報

【ご報告】2017年に産まれたオキゴンドウについて

オキゴンドウ「サン」(オス、5歳)について、2022年6月30日(木)に死亡が確認されました。

【オキゴンドウ「サン」について】
■愛称:サン
■性別:オス
■年齢:5歳
■死亡日時:令和4年6月30日(木)
■プロフィール
2017年:水族館で誕生(国内繁殖成功2例目)。
2019年:一般からの応募(3880通)により「あちさんさん」の愛情を注がれてすくすく育つようにという願いを込めて、「サン」と命名。
2020年:日本初の当館繁殖個体である「チュラ」とともに、日本動物園水族館協会から繁殖賞が授与される。
2022年:6月30日 死亡。

※死亡原因について:解剖等の病理検査を行いましたが、死亡原因となる明確な所見は得られませんでした。
今後、病理組織検査等を行い、さらなる調査に努めます。

「サン」は父獣「ティダ」と母獣「もも」の第一子で、オキゴンドウにおける国内初の繁殖成功例(1年以上生存)である「チュラ」(当館で繁殖)に続き、国内2例目として誕生しました。
また、イルカの仲間は尾位分娩(分娩時に尾びれから出てくること)が多い中、世界で初めて頭位分娩により誕生したことや、初めて繁殖した園館に贈られる繁殖賞を受賞するなど、オキゴンドウの繁殖生理および生態の解明に大きく貢献しました。
沖縄美ら海水族館では、「サン」が残してくれた繁殖や成長記録を科学的知見として報告するとともに、今後も飼育を通してオキゴンドウの生態を解明し、野生個体の保全に寄与していきたいと考えています。

 

関連記事

  • 美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
  • 公式オンラインショップ
ページのトップへ戻る