お知らせ

2022年10月31日 施設情報

仲間由紀恵氏(女優) 沖縄美ら海水族館 名誉館長に就任!!

この度、沖縄美ら海水族館では開館20周年を記念し、2022年11月1日(火)より女優の仲間由紀恵氏が新たに名誉館長へ就任することになりましたのでお知らせいたします。

 

< 沖縄美ら海水族館名誉館長 仲間由紀恵 あいさつ >


 この度、沖縄美ら海水族館名誉館長に就任させて頂きました仲間由紀恵です。
 沖縄美ら海水族館は開館20周年という節目を迎え、今日まで県内外に限らず海外も含め5,400万人以上のお客様が訪れ、沖縄が誇る観光スポットの一つとなりました。
私自身も開館当初から家族や友人と何度も訪れたことのある、思い出が詰まった大切な場所です。
 当館では、約700種、10,000点の沖縄近海に生息する生き物に出会うことができ、特に、ジンベエザメやナンヨウマンタを同時に見ることができる世界最大級の水槽「黒潮の海」は壮観で、その圧倒的なスケールは、見る人の心を躍らせてくれることでしょう。
 開館20周年キャッチコピー"ずっと、ずっと美ら海"のように、沖縄美ら海水族館がより愛される水族館となり、来館される皆さまの思い出の1ページとなれば幸いです。
 是非、ご家族やお友達、大切な人と"美ら海"を体感しにお越しください!

 

 

仲間由紀恵 氏プロフィール

1979年10月30日生まれ。沖縄県出身、女優。
1995年の女優デビュー以来、『TRICK』、『ごくせん』など多くのシリーズヒット作に出演。映画『私は貝になりたい』では日本アカデミー賞、優秀主演女優賞を受賞。NHK紅白歌合戦の司会を4度務めるなど、幅広く活躍中。
近作にドラマ『相棒』シリーズ、『10の秘密』、『24 JAPAN』、『女王の法医学~屍活師~』など。音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める。2022年上半期、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』ではヒロインの母を演じた。

沖縄美ら海水族館のファンである仲間由紀恵氏を名誉館長として迎え、PR活動等に協力していただくことで、開館20周年を迎える沖縄美ら海水族館のさらなる知名度向上と新型コロナウイルス感染症の影響が色濃い沖縄観光の復活、発展に繋がるものと期待されます。

関連記事

  • 美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
  • 公式オンラインショップ
ページのトップへ戻る