ヤジブカの赤ちゃんが生まれました!

2018年06月04日

沖縄美ら海水族館では5月24日、『サメ博士の部屋』水槽でヤジブカの赤ちゃんが誕生しました。9匹の仔ザメたち(全長60 cm~70cm)は水族館のバックヤードにある水槽で元気に泳いでいます。

ヤジブカの赤ちゃんが生まれました!
バックヤードの水槽で泳ぐ仔ザメたち

この仔ザメたちが泳ぐバックヤードの水槽は『黒潮探検(水上観覧コース)』からご覧いただけます。

 

『黒潮探検(水上観覧コース)』の観覧時間

8:30~11:00(入場締切10:45)
17:30~閉館まで(入場締切は閉館15分前まで)
※1Fジンベエ・マンタコーナーの専用エレベーターをご利用ください。
※状況によりバックヤード水槽飼育生物を変更する場合があります。

≪ヤジブカ≫
学名:Carcharhinus plumbeus

世界の温帯から熱帯の沿岸域に広く分布するメジロザメの仲間で、全長は約2.5mに達します。メジロザメ類はどの種もよく似ていますが、本種は第1背鰭が他の種よりも大きく高いことで比較的容易に識別ができます。妊娠期間はおよそ1年間で、仔ザメはお腹の中で母ザメと臍の緒で繋がっています。出産では60~70cmの仔ザメが通常10匹前後誕生します。

ヤジブカ

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館 魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×