お知らせ

2018年12月25日 展示情報

ガラパゴス諸島におけるジンベエザメ調査の映像公開!!

2018年12月22日(土)より「サメ博士の部屋」にて、ガラパゴス諸島におけるジンベエザメの調査映像を放映しています。

この映像は沖縄美ら海水族館のジンベエザメ飼育過程において開発された「水中エコー検査技術」や「水中採血技術」をもちい、ガラパゴス諸島にて世界初となる卵巣の観察や血液中のホルモン分析に成功した際の調査映像です。

いまだ多くの謎に包まれているジンベエザメの調査!!ぜひご覧ください。

ガラパゴス諸島におけるジンベエザメ調査の映像公開!!

≪ジンベエザメ≫
学名:Rhincodon typus
英名:Whale shark

全長約13mに達する世界最大の魚類。知名度の高さとは異なり、その繁殖生態はいまだ多くの謎に包まれている。1995年に台湾で水揚げされた巨大なメスのジンベエザメ(10.6m, 16t)のお腹の中から300匹の仔ザメが発見されて以来、新たな繁殖に関する知見は得られていない。確実な妊娠の証拠、交尾行動、出産などの報告が待ち望まれる。

このページに関するお問い合わせ先

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748FAX:0980-48-4444

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る