お知らせ

2022年06月09日 展示情報

6月8日「サンゴの海」水槽にて「サンゴの放卵放精」を確認!!

 2022年6月8日、沖縄美ら島財団が管理運営する沖縄美ら海水族館の「サンゴの海」水槽で、サンゴの放卵放精(産卵)を確認しましたので、ご報告いたします。


 「サンゴの海」での放卵放精の様子

【サンゴの放卵放精(産卵)】

 サンゴ(ミドリイシの仲間)は、沖縄島近海では5~6月の満月付近に産卵が行われ、卵と精子の入った「バンドル」と呼ばれる直径約1mmのピンク色のカプセルを放出し、そのカプセルが海面ではじけて受精が行われます。
6月8日20時頃、飼育スタッフが水槽内の一部サンゴで産卵の始まりを確認、他のサンゴにも産卵の兆候があり、その2時間後には水槽内のほとんどのサンゴで産卵が始まりました。
水槽内ではサンゴからでたバンドルが次々に水面へと浮かび上がり、サンゴの生命の営みを感じることができました。
 産まれた卵の一部は、館内で開催中の「サンゴ繁殖展」でご覧になれる他、水族館内の水槽で育てていきます。

日時

2022年6月8日(水)20時頃、22時~23時頃
ウスエダミドリイシ、コエダミドリイシ、トゲスギミドリイシ他

場所

沖縄美ら海水族館「サンゴの海」水槽

 

≪企画展「サンゴ繁殖展」 開催中≫

  • サンゴ礁生態系の中心であるサンゴという生き物について、繁殖をテーマにわかりやすく展示・解説しています。
  • 普段は見られないサンゴの日中産卵展示や幼生展示だけでなく、サンゴ礁生態系を取り巻く現状や水族館の取り組みも紹介します。この機会にサンゴを知って、サンゴを守ろう!
  •  【期間】 ~2022年6月30日(木)

※詳細はHP「サンゴ繁殖展 ーサンゴを知ってサンゴを守るー」をご参照ください。

関連記事

  • 美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
  • 公式オンラインショップ
ページのトップへ戻る