日本初記録種「ダルマスナギンチャク」を発見・展示!

2016年05月11日

※この展示は終了しました

琉球大学と沖縄美ら海水族館ではこのたび、日本初記録種のスナギンチャク「ダルマスナギンチャク」を発見し、論文を公表するとともに、水族館にて本種の展示を始めました。

  • 触手を閉じた状態
    触手を閉じた状態
  • 触手を開いた状態
    触手を開いた状態

≪ダルマスナギンチャク≫
学名:Sphenopus marsupialis

単体性のスナギンチャクの一種。岩などに固着せず、砂底などに軽く体を突き刺すようにして生活している。
ダルマスナギンチャク属はこれまでに、中央インド太平洋から台湾まで採集の記録があるが、日本国内での標本を基にした正確な同定は、今回が初めてである。

展示場所

沖縄美ら海水族館「サンゴ礁への旅個水槽」

展示個体

1個体(高さ約90mm)

展示期間

5月9日(月)~5月29日(日)まで(予定)
※生物の状況により展示を終了することがあります。

スナギンチャク類は、岩などに固着し、各個体が分裂して数を増やし群体を形成するのが一般的だが、本種は非固着性でなおかつ単体で生活する非常に珍しい生態を持つ種類です。

 

平成28年2月に、沖縄美ら海水族館を訪れた琉球大学准教授ジェイムズ・ライマー博士により、水槽内で飼育されていたスナギンチャクが、日本ではまだ記録されていなかったダルマスナギンチャクであることが判明。本種は沖縄県本部町周辺の浅い砂礫底で採集されたもので、ごく身近な環境でも珍しい種類が発見されるという、沖縄の生物の多様性を示す興味深い例となりました。

論文について

著者:ジェイムズ・ライマー(琉球大学)、東地拓生(当館職員)、野中正法(当館職員)
雑誌:Fauna Ryukyuana, 29.37-40. First record of the genus Sphenopus (Anthozoa: Hexacorallia: Zoantharia) from Japan.

お問い合わせ

沖縄美ら海水族館 魚類チーム

TEL:0980-48-2742

FAX:0980-48-4399

よくある質問

問い合せはこちらから

<一つ前のページに戻る

美ら海水族館のお得情報!
×