お知らせ

2021年12月16日 展示情報

オキゴンドウの赤ちゃん・オスと判明 すくすく成長中!

2021年7月に誕生したオキゴンドウの赤ちゃんの性別「オス」と判明しましたのでお知らせいたします。

オキゴンドウ母仔
≪左(赤ちゃん)、右(母親)≫

オキゴンドウの性別は、生殖器が体内に隠れているため、外見から判断することが困難です。
生後5ヶ月にあたる今月、赤ちゃんのペニスを確認し、本個体が「オス」であることが判明しました。
現在の体長は223㎝、出生時から約50㎝も成長しています(出生時175cm)。こぼれた餌の魚をくわえる等、様々なものに興味を持ち始め、同居個体とも遊ぶ姿がよく観察されています。


オキゴンドウの繁殖に成功し、長期飼育できたのは国内で沖縄美ら海水族館のみです。
母親の「もも」は2017年にオスの「サン」を出産。現在、サンはオキちゃん劇場のイルカショー等で活躍中です。
今後、親兄弟との共演も期待できます。

親子イルカの暮らすイルカラグーンプールでは給餌体験を行っています。
給餌体験に参加し、今しかみることができない、希少なオキゴンドウの赤ちゃんに、ぜひ会いに来てください。

イルカ給餌体験

>>詳細はコチラ

  • 【時間】10:00、11:00、12:00、13:30、15:30
  • 【場所】イルカラグーン
  • 【料金】500円/セット

※オキゴンドウの赤ちゃんに餌をあげることはできません。
※小さなお子様でも安全に参加できる様、スタッフが体験場所を指定しております。
「オキゴンドウの赤ちゃんを見たい」というご希望がございましたら、給餌体験のスタッフへお声掛けください。
※天候や動物のコンディションにより、中止・中断することがございます。

関連記事

  • 美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
  • 公式オンラインショップ
ページのトップへ戻る